vol.2 「おべた」編

2010年2月25日

第2回の放送をお届けします。今回より山陰の歌姫 浜田真理子が登場です。 

vol.2 「おべた」編 を聞く

vol.2 「おべた」編 テキスト

おがっち
「ぜんぜんまいこー」
ごきげんよう、おがっちです。この番組は、島根県松江市Willさんいんスタジオからお送りします。
今日のテーマは「おべた」。「おべた」というのは出雲弁で、あの~「驚いた」とかですね「びっくりした」という意味です。そして、今日のゲストは毎度おなじみ安来のおじ、そしてもう一人、浜田真理子さんで~す。それでは、ぜんぜんまいこスタートで~す。
はい、それでは、今日のゲスト安来のおじと浜田真理子さん、よろしくお願いします。
安来のおじ(以下、おじ)
あ~、こりゃまたどうも。安来のおじでございます。
浜田真理子(以下、真理子)
浜田真理子です。よろしくお願いします。
おがっち
(浜田真理子風に)よろしくお願いします。
真理子
うっふふふふ。
おがっち
そんな感じで、今日の出雲弁テーマは「おべた」ですが...
おじ
あぉ~、「おべた」ね~。
おがっち
「おべた」というのは「びっくりした。驚いた。」という意味ですが、
おじ
ほぁ~
真理子
ふ~ん
おがっち
安来のおじ、最近おべたことは?
おじ
最近おべたことは...、ないねっ。
真理子
ぐっふふっ。
おがっち
ないかねっ!へへ
真理子
ないかね!
おじ
真理子さんはどげかね
真理子
私はね~、う~んと、私あんまりおべらん人だもん。
おじ
つまらん話だねっ!
真理子
ふふふふふふ、ごめん。
おがっち、安来のおじ
テーマは、
おがっち
「おべた」なんですけどっ!びっくりしたなんですけど。
真理子
いや、「おべた」は...「おべた」は使うけど...
おがっち
どういう時に?どういう時に使いますか?
真理子
「あのさんが、おべらいたよ」とか...
おがっち
ははははは。
おじ
かっ、訳しとかんと分からんで。
おがっち
「あの方がビックリされたよ」っていう。
おじ
ふん。
真理子
うちの母が、すぐおべる人で、
おがっち
真理子母が。
おじ
ふん。
真理子
あの~、後ろから声かけたりとか、「ただいま」って言って、「はっ、うわぁぁぁ」みたいなのが
おがっち
へへへへへへへへへへっ。
おじ
はぁ~~~っ。
真理子
毎日、毎日。なんで毎日おべる?っていう母なんです。
おがっち
あ~、毎日びっくりする...
おじ
真理子は大抵のことでは動じらんってこと?つまり。
真理子
動じらんのかな?なんか
おじ
あの~
真理子
なんかすごくおべらん。
おじ
小学校のときとかにね、急に後ろからカンチョウされたりさんだった?
真理子
いんやぁ~。
おがっち
ないよね!
おじ
いんやぁ~って。
おがっち
いんやぁ~って。
真理子
男子でしょ!
おじ
っそげ!?
おがっち
女子はないわね。
おじ
なも、急に後ろからカンチョウされてね、あの~泣いちょったしがお~ね。痛て。
おがっち、真理子
あははははははっ!
おがっち
痛くて。はははっ。
おじ
ほんに痛て。
おがっち
どんな激しいカンチョウだねっ。
おじ
最初ね、あの~「カンチョォ~」ってやられてね。最初は「ははっ」なんて一瞬笑~けど、
おがっち、真理子
あはははははっ!
おじ
急に、ほんとに泣いてしまった人が。
真理子
なんだね、この番組は。
おがっち
おべた話ですけど!
おじ
それは、おべ~よ!
おがっち
さっ、痛い話だがね。
おじ
見ちょ~人はおべ~よ!
真理子
急に泣く。
おじ
痛そうだな~って。
おがっち、真理子
ふふふふふっ。
おがっち
まっ、そんなね、
真理子
まっ、男子はね。女子はさん。
おじ
子どもの頃から、おべらん人?
おがっち
子どもの頃から、驚かん人?
真理子
いや、なんか、何ていうんかなぁ~。ははっ。何だ~か、確かに驚くけど、へぇ~っていう驚き。
おじ
うっそっ!
真理子
驚き方。
おじ
ほんなら、
真理子
ふ~んとか。
おじ
ほんなら、カンチョウされても、
おがっち、真理子
いや、いや、いや、いや...
おじ
へ~なんて。
おがっち
さんけん、大人になったら。
おじ
はぁ~、そうか!
おがっち
しませんし!
真理子
う~んとね。いや、あんまないかもしれん。
おじ
10年ごろしとかも知らん?
おがっち
何それ?
真理子
7年ごろしでしょ!
おじ
あぁ!!!すまった!トイレット博士の話しちょったけん。
真理子
あれ、7年だよ。
おじ
7年だったね。
真理子
なんで私が訂正さんといけんね。
おじ
...鼻水が出ます。
おがっち
ははははは。それでは、おべた話なんですけど...。
おじ
まぁ、特にみなさんないということで。
おがっち
あ~、いや。おべること結構ありますよ!
おじ
何っ!?
おがっち
あの~、夜、道を走っていて、車で、夜中に。で、車の、えっと~、からなんか、ほらちょっとあの~なんか、出てきたりするじゃないですか。夜!
おじ、真理子
あぁ、あぁ。
おがっち
動物とかが。動物って普通低いから、
真理子
動物?
おがっち
車の自分のフロントガラスより下から出てくるじゃないですか、動物って。なのに私が見た動物はですね、フロントガラスの上辺りに目があって、「なんだこれ!?」って思って。
真理子
なんだそれ?
おがっち
夜中に!だからフロントガラスのやや上部分から目がこっち見とって、車で夜中走とって、夜中に。「なんだこれ。おべた~!」なんて言っちょって、で、よく見たら鹿だった。
おじ
はぁ~。
おがっち
鹿って、だから、すげ~デカいよ。
真理子
あっ、鹿大きい。
おがっち
車のフロントガラスよりさらに上に頭があ~よ。
おじ
こりゃ、島根県ならでは。
おがっち
鹿が出てきますからね。
真理子
鹿なんかおらんよぉ~!
おがっち
おるおる!夜、湖北線走っと~と。
真理子
そりゃ、うちのほうはシティだから、そういうの...。鹿とかはおらんよ。
おじ
はっ!?
おがっち
ふふふっ。だって、うち、鹿が畑荒らしていけんもん。
真理子
うちの娘からメールが着て「キジが出た!」とかね、
おじ
おっ!
おがっち、安来のおじ
キジ、たまにお~よ。
真理子
「タヌキが出た!」とか。「キツネが出た!」とか。
おがっち
うん。鹿も出るよ、だけん。
真理子
何でもおるね~。
おがっち
何でもおるよ。
真理子
キリンは?
おがっち
キリンはおらん。さっ、だいぶ高いがね!
真理子
ふふふっ。だいぶ高いね。
おがっち
鹿よりかなり高い。
真理子
車では見えない。
おがっち
鹿でも十分高いのに。
おじ
エントツぐらいあ~よ、キリンは。
おがっち
鹿は、だけん車のフロントガラスのさらに上ぐらいに頭があ~けんね。すごいがぁ。そんなデカいと思わんが。
真理子
ほんと~ぉ。
おがっち
おべたが。
おじ
さっ、ちょっとカンチョウしてみらにゃ。
おがっち
いや、おぞや。
真理子
なんでそこに戻す?
おじ
はっ!?
おがっち
という訳で、あの「おべた」。「びっくりした」をこんな感じで使ってみてください。
おじ
こんな感じでおわっていいだぁ~?
おがっち
いいよ!
おがっち
それではみなさん、出雲弁一緒に発音してみましょう。リピート アフタ ミー、オーケー?「おべた」
おじ
「おべた」
真理子
「おべた」
おがっち
そっ、それではぜんぜんまいこ、またお会いしましょう。今日のゲストは、安来のおじと浜田真理子さんでした。ありがとうございましたぁ~。
おじ
つまらんで、おべた。
おがっち
へへへっ。
おがっち
「ぜんぜんまいこ」この番組は、Willさんいんの提供でお送りしました。
« 前のエピソード
vol.1 「ただもの だんだん」編
次のエピソード »
vol.3 「大はいごん」編

この番組について

「ぜんぜんまいこ」はポッドキャスト番組です。
iTunesなどの受信ソフトに、当番組のRSSフィードを登録してお楽しみください。

月別アーカイブ

この番組は、有限会社Willさんいんの提供でお送りしています。

△このページの先頭へ