vol.3 「大はいごん」編

2010年3月12日

第3回の放送は、「大はいごん」。さて、どういう意味でしょうか。

vol.3 「大はいごん」編 を聞く

vol.3 「大はいごん」編 テキスト

おがっち
「ぜんぜんまいこー」
ごきげんよう、おがっちです。この番組は、島根県松江市Willさんいんスタジオからお送りします。
今日のテーマは「大はいごん」。「大はいごん」というのは、出雲弁で「大騒ぎ」とか「あたふたする」とか「右往左往する」とか、そういう意味ですね。そして、今日のゲストも、毎度おなじみ安来のおじ、そして浜田真理子さんです。それでは、ぜんぜんまいこスタートで~す。
おがっち
さっ、今日は「大はいごん」ですぅ~。浜田真理子さん、安来のおじ、よろしくお願いしまぁ~す。
安来のおじ(以下、おじ)
あ~、よろしくね。
浜田真理子(以下、真理子)
よろしくお願いします。
おがっち
「大はいごん」していくよ、あんたやつ!
おじ
あの~、そげだね。
おがっち
「大騒ぎ」という意味ですが...。
おじ
そげだ。あの~、前回、下品な話題で終わってしまったので...
真理子
ぐふふふふっ。
おがっち
なんか、だって、「おべた」話=カンキョウした話になってしまいましたよね、前回。
おじ
あの~、今回もうちょっと落ちついて、いきましょかっ。
おがっち
いきましょうね。はい。
おじ
ふんっ。「大はいごん」ね。
おがっち
「大はいごん」=「大騒ぎ」
おじ
「大はいごん」というとあれですね...、
おがっち
何ですか?
おじ
あの~、オオハイゴン アンド ガーファンクル♪なんてお~まして、
おがっち
うふふふふっ。
真理子
いや。何だっけ、それ?
おがっち
はぁ!?
おじ
オオハイゴンとガーファンクル♪
真理子
全然違わん?それ!
おがっち
どっこも近くないよね!!
おじ
いやいや、あれが歌っちょ~。
真理子
何が一緒???
おがっち
サイモン=オオハイゴン。「ン」しか合ってないし!
おじ
まぁ、そぎゃんことで。「大はいごん」のことってあるぅ?
おがっち
真理子さん。
真理子
「大はいごん」っていうのは、普通「はいごん」だが?
おがっち
「はいごん」というのが、まぁ~「騒ぐ」とか「右往左往する」ってか、「あたふたする」っていうかね。
真理子
まっ、私、あんま「大はいごん」はさんけんね。
おじ
また、おまえ、けぇっ!
おがっち
「おべた」話もないし、「大はいごん」の話もない?
おじ
なんか、あのカンチョーすて、カンチョーすかけた人の指が折れたら、なんつって
おがっち
指が折れて「大はいごん」っていうね。
おじ
さっき話とらいたが。
おがっち
はははははっ。いやいや、
真理子
いやいやいや、
おじ
指が折れたら、痛いよぉ~。
真理子
一応、イメージとかあるんで...。
おじ
真理子ちゃん、顔が赤いよぉ!
おがっち
はははははっ。だから、もう、カンチョウの話に戻さなくていいですから!
おじ
そうだねっ!
おがっち
今日は「大はいごん」の話ですから!
真理子
面白すぎて、ちょっと笑いすぎて、今涙が出た...
おじ
「大はいごん」ね。
おがっち
「大騒ぎ」
おじ
私がね、小学校のときですわ、
おがっち
またかよ!
真理子
また、嫌な予感。
おじ
いやいや。小学校の机と椅子。頭にちょっと思い浮かべて。
おがっち
机と椅子。はい。
おじ
あの~、椅子でねこげやって、キッコンキッコン、カッコンカッコンカッコン...
真理子
どういうこと?後ろに倒れる?
おがっち
椅子をこうね、
おじ
あの~、ゆすって
おがっち
自分リス...、へへへっ。リクライニング。
真理子
あぁ~。
おがっち
リスライニングだって。
おじ
リクライニングというか、ここでちょっとバランスとって。
おがっち
自分でね、バランスをとって、ギッコンバッタン。
真理子
後ろの脚で、立つ感じでしょ?
おじ
えらい!君はさすがに詩人だけん、表現力があるねっ。
真理子
詩人じゃないけど...。普通に、言っただけです。
おじ
いや~、それをね
真理子
浜田です。
おがっち
言えてません、おがっちです。
おじ
あの~、あるかわいい女の子がやっちょったの。
真理子
あ~、嫌な予感!
おじ
そげしたらね、あのそのまま、なんと椅子が倒れて、
真理子
後ろに?
おじ
こげに倒れて!
おがっち
こげにって、分からんけど。後ろにね、椅子が。
おじ
見える、これ?
真理子
見える、見える!
おじ
ここのね、
おがっち
聞いてる人は分からんと思う!
おじ
あぁ~、そげかぁ!!!残念だな、こりゃ。
おがっち
聞いてる人には、見えないと思う。
おじ
椅子がパタッと!
おがっち
あっ、つまり後ろ側に椅子がドッと倒れた。
おじ
そぉで、ここのところに、
真理子
脚のところね。
おじ
脚のところに、
おがっち
前方脚のところね。
おじ
ケツがはまって、
真理子
え~っ!!!!!
おじ
女の子のかわい子ちゃん!そうで、あのホントに取れんやになって。
おがっち
あはははははっ。
真理子
うっそっ!!
おじ
いや、マジだよ!
真理子
今、作っちょ~で、これ!
おじ
いや、マジマジ!!そうで、授業中だって、
おがっち・真理子
はははははっ。
おじ
そうで、ホントに取れんやになって。もう女の子、どげしていいか分からんやになって、もう泣いちょ~がな。
おがっち・真理子
あはははははっ。
おじ
こんときは、もう学校のクラス中「大はいごん」
真理子
「大はいごん」だわね。
おがっち
先生も「大はいごん」?
おじ
おぅっ。
真理子
へぇ~。
おがっち
で、どうさいた?
おじ
覚えちょらんね!
真理子
引っ張ったの?
おがっち
引っ張って出しただ~か?
おじ
引っ張ったって...。引っ張ったってね。まっ、そういう出来事があったね。真理子さんはどげかね?
おがっち
「大はいごん」の話。
真理子
「大はいごん」はだけん、あんまりせん。
おじ
あ~、きしゃっ!さっぱり。おまえ、ゲストで出てきちょって、も~ちょんぼしなんか。
真理子
あっ、でも子どものときは結構「はいごん」する子どもだったけん、
おがっち
バタバタする子ども。
真理子
そうそうそうそう。
おじ
ってことは、浜田ハイゴンだった?名前が。
真理子
ぜんぜぇっん、意味が分からん!!何でも言えばいいかと思って。
おがっち
浜田ハイゴンって!
おじ
ハイゴンなんてて、どこかの国の首都でなかったかいね?
おがっち・真理子
それ、サイゴンだがん。
おじ
そうかぁ!
おがっち
へへへへへっ。
おじ
真理子さん、顔が赤いよぉ。...あなた。
おがっち
ミス・サイゴン。ミス・ハイゴン...。
真理子
ちょっと、おかしい。なんでこんなにつまらん話がこんなにおかしいかがよく分からん。
おじ
まぁ~、いいか!
おがっち
ということで、「大はいごん」の話、ありがとうございました。
真理子
ねっ、あたしいる?この番組に?
おがっち
いるいる!!
おじ
ぼくもいる?
おがっち
いるいる!!あんたやつ、また来てよ!
真理子
必要?
おがっち
うん!
おじ
はんっ。
おがっち
そういうことで、それでは出雲弁で「大はいごん」ね。「大騒ぎ」という意味ですけれども。リピート アフタ ミー、オーケー?「大はいごん」
おじ
「大はいごん!」
おがっち
真理子さん、リピート。早!はやはやっ。
真理子
...「大はいごん」
おがっち
オッケー。そういうことで、みなさんもぜひ使ってみてくださいね。ぜんぜんまいこ、今日のゲストは、安来のおじと浜田真理子さんでした。ありがとうございました。では、またお会いしましょう!
おじ
ハイゴンとガーファンクル♪
おがっち
「ぜんぜんまいこ」この番組は、Willさんいんの提供でお送りしました。
« 前のエピソード
vol.2 「おべた」編
次のエピソード »
vol.4 「あいまつ」編

この番組について

「ぜんぜんまいこ」はポッドキャスト番組です。
iTunesなどの受信ソフトに、当番組のRSSフィードを登録してお楽しみください。

月別アーカイブ

この番組は、有限会社Willさんいんの提供でお送りしています。

△このページの先頭へ