vol.39 「おぜめにあう」編

2012年12月 1日

ちょっこーがなかいご無沙汰しちょりました! 第39回の放送は「おぜめにあう」。聞いてね。

vol.39 「おぜめにあう」編 を聞く

vol.39 「おぜめにあう」編 テキスト


おがっち
「ぜんぜんまいこぉ~」
ごきげんよう、おがっちです。この番組は島根県松江市のWillさんいんスタジオからお送りしています。
今日のお題は出雲弁で「おぜめにあう」意味は「ひどいめにあう」と言うことですね。
出演は安来のおじ、浜田真理子、そして私おがっちです。それでは「ぜんぜんまいこ」いってみましょう。
浜田真理子(以下、真理子)
はいっ。久しぶり。ふふ。
安来のおじ(以下、おじ)
おお、久しぶりだね。
おがっち
ふふ、久しぶりだね!
真理子
ふふふ。
おじ
あ、嘘だわ。
おがっち
嘘だわ。
おじ
そげん、久しぶりでもないわ。
おがっち
そうでもないわ。
真理子
ふふふ。
おがっち
寒くなりまして、すっかり。
おじ
ふん!
真理子
すっかりね、はい。
おじ
そ~で?
おがっち
今日のお題は
おじ
ふん!
おがっち
「おぜめにあう」
おじ
「おぜめにあう」
真理子
「おぜめにあう」おじぇめじゃない?
おがっち
おぜめだね。
真理子
おぜめだ。
おがっち
おじぇめだね。
真理子
おじぇめだね。おじゃ~おじぇめにあったでや~みたいなね。
おがっち
おじぇめにあうだね。
おじ
上手だね~。
おがっち
ま~ずま~ずおじぇめにあったわ~。だわね。あたわ~。
真理子
あ~たわ~。あたわ~。
おがっち
あたわ~だが~。あはっははは。おじぇめにあたわ~。あはははは。
真理子
あはははは。小さい「っ」。
おじ
君たち、本文、本題。
おがっち
ひどいめにあうと言う意味ですけれども?
おじ
あの~あった?しゃんこと、人生で。
真理子
う~ん。ある?
おがっち
人生で?
真理子
あたし、あんまりないかな~?ていうかもう忘れた。
おじ
僕もあんまり~。
おがっち
あはははは。そんなひどいめにあったこと、忘れたね。
真理子
そんなおじぇめにあったことあ~かいな?
おじ
そんな、終わる?
真理子
あはは、いやいや。
おがっち
ははははは。
おじ
すぐ終わる。
真理子
駄目でしょ。はは。
おじ
そんなら、あの~私ね、そげだ。こないだあの~、歯医者に行ってね。
おがっち
でた!歯医者ネタ。
真理子
そりゃ、おじぇわ。
おじ
あの~あれだわね、あの~。虫歯が。奥歯が虫歯が。
真理子
うわ~。
おがっち
奥歯が虫歯。
おじ
うん、これがあの~、なかなか大変で。
おがっち
大変で。
真理子
なんで言い直してる?
おがっち
ふふ。
真理子
標準語だに。
おがっち
通訳いらんかった?へっへっへ。
おじ
これが、神経を抜きましょうと言う話になって。
おがっち
あ~。
真理子
あ~。
おがっち
神経抜くの大変だが。
真理子
ある、ある、う~ん。
おじ
そいで~、神経抜くときはまだ良かったわね、麻酔で。
おがっち
ふ~ん。
真理子
ふ~ん。いっぱい刺すやつでしょ?なんかちっちゃいもん。最初麻酔かけるとき。
おじ
そうそう。そりゃ、いいわね。
真理子
うんうん。
おがっち
麻酔かけて。
おじ
それで、その神経が一つの歯に対して、三個神経があるらしい。
真理子
は~、そ~なの~?
おがっち
へぇ~。
おじ
きゃん風になっちょう。
おがっち
きゃん風にって三本指で。
真理子
あはははは。きゃん風に。
おじ
そいで、この穴のな、ここの神経に詰め物さんといけんらしいわ。
真理子
あ~、なんかあ~ね。
おがっち
それぞれの神経に。
おじ
ここからさらに悪くならんやに。
真理子
ふ~ん、なるほど、あれ痛い。
おじ
それを埋め~時がえらい痛い。
真理子
痛いが。
おがっち
神経のね~
真理子
つんつんてやるでしょ。
おがっち
つんつんて。
おじ
そげ。なんかね~、こ~。
おじ
こ~って言われてもわからんかもしれんけど。ははは。
真理子
ふふふ。
おじ
あ、そう?あの一番最初、先生とお話しちょってあの~、ま、あんた、今日が一番大変ですけんって。
おがっち
ふん。
真理子
へ~。
おじ
今日クリアすればあとはもう楽だけん、今日はちょっと頑張って下さいねなんて言われちょった。
真理子
ふ~ん。
おじ
そしたら。
おがっち
神経を抜く!
おじ
いや、だけん、抜いたあとだっちゅーに。
おがっち
抜いた後の話。
真理子
ふふふ。
おじ
この二本を
真理子
また、指だしちょられ~。
おじ
神経の
おがっち
三本指。人指指、中指、薬指。この三本を立てております。
おじ
二つが痛いながらも、一応埋めたわね。
真理子
うんうん。
おがっち
手前の二つ。
おじ
あと一本ですからね~、なんていっちょ~なるけん。
真理子
うんうん。
おがっち
一番奥の神経を、もう一本を埋めらんといけん。
おじ
一番奥の神経埋めるのが、あの~、なんて言うのあの~、奥すぎて。
真理子
ふふふふ。
おじ
先生、なんぼやっても「う~ん、駄目だな~」なんて
真理子
ふふふふふ。
おがっち
ふふふふふ。
おじ
「もう、どうしようかな~。」なんつって、もうほんとに、ほんにきゃん感じで。
おがっち
困っちょられた?
真理子
ど~ゆ~?奥すぎてってどうゆうこと?ずっと入ってしまうってこと?
おがっち
下の奥ってこと?
真理子
詰めたら、足まで?
おがっち
奥が深くてってこと?
おじ
いや、ここ埋めて、わからんけどね
真理子
埋まらんかった?なんぼでも。
おじ
あ~、そげ。
おがっち
いつまで経っても。
おじ
手がこういう風に入らんだったんだわね。
真理子
あ~、そういうことか、あ~。
おがっち
ま、こういう風に。ははは。
真理子
すごい手でやっちょられ~けど。
おがっち
これを聞いておられ~人はわかるんですかね?
おじ
ラジオの意味ある?これ?
真理子
すごい両手使ってやっちょられ~。
おじ
これがね~、手が入らんで。
真理子
口の中で。
おじ
そうそうそう。
真理子
奥歯すぎて。
おがっち
口の中の奥すぎて。
真理子
も、えらい口広げちょったでしょ?
おじ
も、ホントだよ~。
おがっち
えらいが、口、ずっと開けちょ~の。しかも奥はえらいが。
真理子
奥はえらい。
おじ
頑張ってねなんてびよ~んなんて。
真理子
ここ、跡がつくが。終わってから。
おがっち
お願い、口閉じさせてみたいなね。
おじ
ああ、それで。
真理子
痛かったら言ってください。「ふあい」みたいな。
おがっち
ずっと痛いけどみたいなね。
おじ
言って下さいって言われたって困~が。
おがっち
しゃべれんしね。
おじ
そいで、あの~、困ったな~なんて先生がもう泣きそうになって
おがっち
一番奥の神経が届かず
おじ
女の子の先生でね。
真理子
あららら。
おがっち
女子の先生。
おじ
あの、これど~しよ~なんて困ってしまわれてね、う~ん、これはもう一回だななんつって。
真理子
え~~。
おじ
もう一回この穴をもっと広げて。
真理子
あ~~。
おがっち
あ~、また!?
おじ
そいで、今日はもうおしまいにして
真理子
ははは。
おがっち
ははは。
おじ
次の時に一からやりましょうなんて。
おがっち
え~、また!?
真理子
え~~。
おじ
うっそ~、がっくり。
真理子
後の二本はいいの?
おじ
いや、結局後の二本ももっかい埋められたわね。
真理子
あ~、そげかね。
真理子
やり直し?
おじ
そげん、今日が一番えらいよって言われた後に、今日のは無しにしましょうって。
おがっち
またえらいよ、次回って話?
おじ
えんや、それがつい数日前、おじぇめにあったわ。
真理子
うわ~、大変だったね~。
おがっち
で、そん時はちゃんと埋まった?
おじ
いんや、埋まったけど、もう死ぬやな思いだった。
真理子
ふふふ。
おがっち
一番最高の日
真理子
汗びっしょりだった?
おじ
もうびっしょりなんてもんじゃ、も、けぇ~、汗びっしょり、禿げびっしょりみたいな。
おがっち
ははははは。
真理子
ピカピカしちょった?
おじ
ま~、照りまくりだわ。
真理子
はははははは。
おがっち
おじぇめにあったね~。
おじ
あ~、ま、これおじぇめにあった。
真理子
歯医者ネタはおぞいが~。
おがっち
歯医者はおぞいが~。おぜめにあうわ~、それは。
真理子
なんかしらんけど、優しいけど。
おがっち
あ~、気をつけてよ~。
真理子
はい。
おがっち
「おぜめにあう」
おじ
「おぜめにあう」
真理子
「おぜめにあう」
おじ
関取!麻酔山!
真理子
は?
おがっち
は?麻酔の話だ。
ぜんぜんまいこ、この番組はWillさんいんの提供でお送りいたしました。
« 前のエピソード
vol.38 「なんてていわれの」編
次のエピソード »
vol.40 「おやかたし」編

この番組について

「ぜんぜんまいこ」はポッドキャスト番組です。
iTunesなどの受信ソフトに、当番組のRSSフィードを登録してお楽しみください。

月別アーカイブ

この番組は、有限会社Willさんいんの提供でお送りしています。

△このページの先頭へ